2019年10月18日

旅立ってしまったオオタカ

旅立ってしまったオオタカ

今年の8月中旬、埼玉県北部環境管理事務所から傷病野生鳥獣の保護依頼の電話があり、8月下旬からピノキオ幼稚園で保護観察をすることになりました。

保護観察する鳥獣はオオタカでした。

幼稚園での猛禽類の保護は初めてでした。

たまたま、大きめの禽舎が空いていたため、そこで生活してもらうことにしました。

オオタカは、日本では昔、殿様が鷹狩に使った鳥として有名です。

最近ではカラスの駆除に活躍しているようです。

ゴミを漁ったり、建物を糞で汚すことで嫌われているようですが、なかなか駆除の方法が見つからない中、オオタカを飛ばすとカラスが散り散りに逃げ惑う様子をテレビで見たことがあります。

現在でも鷹狩を趣味としている人たちがいるようですが、これらに使うタカは、外国から輸入したものを幼鳥のころから寝食をともにして調教したもののようです。

日本産のオオタカは、捕獲はもちろんのこと、飼育も制限をされています。
一時期、減少傾向にあり、絶滅危惧Ⅱ類になりかけたオオタカですが最近は「国内希少野生動植物種」に指定されています。

ピノキオ幼稚園では、このオオタカを担当の先生が献身的に面倒を見ていました。

かなり愛情を注いでいたようです。

 

最初の頃は餌をあげるときなど警戒していましたが、毎日声をかけて餌をやるようにしているとだんだん近くまで寄ってくるようになったそうです。

そして1ヶ月も過ぎるころになると、禽舎の外から “ごはんですよ。ごはんを持ってきましたよ” と声をかけながら近づくと、入り口の上にある屋根から下へ降りで待つようになっていったそうです。

そして羽をバタバタさせて、催促するような素振りまでみせるようになったそうです。

片羽を損傷していたこのオオタカは、1m30cm 程の高さまで飛び上がるまでに体力が復活していたようです。

禽舎の中に入るまで、”まだだよ。まだだよ”言い続け
中にはいったら、餌を与えながら、”しっかり食べてね。

早く元気になってね”といつも言いながらお世話をしていました。
このまま元気になって1年以上は生きられるかもしれないと思っていました。

 

しかし、残念なことに、10月12日の台風19号が去った後、オオタカは命尽きていました。

飼育担当の先生の落胆は想像以上のものでした。そして、私も大きな喪失感を抱きました。

本当に残念でした。

 

傷ついた羽の状態では、自然界で生きて行くことは難しかったでしょうけど、ピノキオ幼稚園での50日間の生活は幸せだったのではないだろうかと、今は思っています。